イベント情報・活動報告 新潟県長岡市立山古志中学の生徒との防災セミナー実施(学習活動) INDEX 前
兵庫県立大学 片山准教授と東准教授にお越し頂き、防災セミナーを行いました。
防災セミナーの様子
2008年3月13日、新潟県長岡市立山古志中学校から中学2年生の4名を向かえ、兵庫県立大学 片山准教授と東准教授による、防災への取り組み・心構え等のセミナー(学習活動)を行いました。

リアル会場とセカンドライフをつないだ画期的なイベント

ボイスチャットを利用し、SL内にもリアルの声が伝わる新たな試み。

山古志中学校では、「ふるさと山古志学習」として震災からの復旧のあり方や自然・文化・伝統などの地域活性化のあり方を探求する学習活動に取り組んでおり、今回はその一貫として、4人の生徒が「防災神戸」を運営している弊社に来社する運びとなりました。

今回の来社の際には、兵庫県立大学の片山准教授と東准教授のご協力を得て「防災への取り組み」の講義をして頂きました。

講義内容は、現在大学で取り組んでおられる、「災害への備えチェックシステム」を使用し、各々の災害への備え度をチェックしてもらい、動画(「アイとラビの『災害看護TV』」)にて、改めて災害時に必要なものや日常からどのようなことに気を付けるのかという指導を行っていただきました。


私達は、「防災神戸をはじめたきっかけ」や「大震災を経験して今後にいかしたいこと」「地域で防災に取り組むために大切なことは何か」等の質問に対し、私達の想いや考えを伝えさせていただきました。

今回の中学生の訪問は、「防災」に対しての情報交換の場として、また各地域での「防災意識の向上」にとっても大変有意義な時間となりました。


兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
災害看護「命を守る知識と技術の情報館」
http://www.coe-cnas.jp/


長岡市立山古志中学校
http://www.kome100.ne.jp/yamakoshi-jhs/

リアル会場とセカンドライフをつないだ画期的なイベント
次 INDEX 前

最新情報・トピックス