WEBサイト、3Dバーチャル空間(セカンドライフ)で、『1.17防災の集い2009〜歩む〜』を開催いたします。
 「1.17防災の集いを2009」開催 期間:2009年1月16日〜31日
1.17防災の集い2009  「感じる」から「歩む」へ 皆さんの防災への第一歩(歩みのきっかけ)となりえたら
2009年1月17日に合わせ、『1.17防災の集い2009』を開催いたします。 阪神・淡路大震災では、多くの大切な命と生活を失い、悲しみや苦しみを体験しました。この1月17日に神戸の地には来る事が出来ないが、追悼したい方に少しでもお役に立てばと考えております。 また、皆さんの防災への第一歩(歩みのきっかけ)となりえたらとも考えております。

献花をご用意しております。

慰霊と復興をこめて・・・

慰霊と復興の想いをこめて、献花をして頂けます。
神戸に行く事が出来ない遺族の方や、震災で亡くなられた知人・友人がおられる方、また神戸の復興を願ってる方等、慰霊と復興の想いをこめてご利用ください。(※セカンドライフ内にて)

募金を募っております。

1.17防災の集いでは、皆さまからの募金を募っております。
募金は全額、『いのちの大切さ・支え合うこころの大切さ』を伝えるための活動をされているNPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り(略HANDS)」の今後の活動に役立てていただきます。
2009年1月16日〜1月31日の期間終了後、防災神戸 WEBサイト、セカンドライフ内にてご報告させていただきます。(※セカンドライフ内にて)
-----------------------------------------------------------------
  ≪募金納め先≫
  NPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り(略HANDS)」

  代 表:白木 利周(シラキ トシヒロ)
  所在地:〒652-0865 神戸市兵庫区小松通3丁目2-1-2F
  電 話:078-682-1117
  ホームページ:http://www1.plala.or.jp/monument/
-----------------------------------------------------------------

メッセージをお送り下さい。

阪神・淡路大震災で被災された方へのメッセージ

1.17の日に神戸に行く事が出来ない遺族の方や、震災で亡くなられた方の知人、友人の方からのメッセージを受け付けています。お送り頂いたメッセージは、NPO法人「1.17 希望の灯り」にお届けし、震災モニュメントに追悼させて頂きます。メッセージのお申し込みはコチラ

皆さんで集い、語りあう。

想い、知恵・知識、情報を・・・

『防災神戸』では、皆さんで集い、想いを語りあったり、知恵・知識や情報を共有してもらうために、各所に「語らい場」を用意しております。
是非、同じ目線で語りあったり、防災に関する知恵・知識や情報を持ち帰ってください。(※セカンドライフ内にて)

兵庫県立大学 大学院看護学研究科 21世紀 COEプログラム提供アイとラビ『災害看護TV』の動画配信。

しっかりお姉さん:アイと、とぼけたウサギ:ラビの・・・

兵庫県立大学 大学院看護学研究科 21世紀 COEプログラムから提供していただいた、アイとラビ『災害看護TV』の動画配信を行っております。

「しっかり者のお姉さん:アイ」と「ちょっととぼけたウサギ:ラビ」の会話を楽しみながら災害への備えを学んでみてください。

兵庫県立大学 大学院看護学研究科 21世紀 COEプログラム
災害看護 命を守る知識と技術の情報館:
ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
http://www.coe-cnas.jp/

アイとラビ『災害看護TV』動画配信ページ
http://www.coe-cnas.jp/group_info/education.html

 『神戸とニューオリンズのジャズ交流 写真展』を開催いたします。

同じ境遇にみまわれた神戸とニューオリンズとの交流

2005年8月末にハリケーン・カトリーナに襲われた米国・ニューオリンズ市と阪神・淡路大震災にみまわれた神戸市は、「インフラや建物の復興」だけでなく、『ジャズ発祥のまち』という共通点から、ジャズ交流イベントにより「心の復興」の取り組みを行っております。

また、災害教訓を次の世代へと伝えるために、災害を知らない若い人たちや被災地外の人々が、ジャズイベントに参加することにより、その契機となった災害と復興について”知る””学ぶ”絶好の機会でもあるとの考えからも取り組んでおられます。

この文化交流による「心の復興」、「次世代への伝達」という素晴らしい取り組みを写真でご紹介しております。ぜひご覧ください。
(※セカンドライフ内にて)

 『神戸1.17 米田定蔵・米田英男写真展』を開催いたします。

あの日から未来へのメッセージ

1995年1月17日のあの日から写真を撮り続けてきた、写真家 米田定蔵さん、英男さんの震災被害写真を展示しております。あの日のあの時、その後をご覧ください。(※セカンドライフ内にて)

≪略歴≫
米田定蔵(よねだ・ていぞう)
1932年赤穂市生まれ。有限会社米田フォト代表。
企業、団体などからの依頼撮影のほか、タウン誌「月刊神戸っ子」専属カメラマン。数十年にわたって神戸港と出入港の船や神戸の近代洋風建築を撮りつづけている。震災直後からの写真で、97年に市民が選ぶ市民賞の「ロドニー賞」を受賞。

米田英男(よねだ・ひでお)
1967年神戸市生まれ。定蔵の次男。
89年大阪芸術大学卒業。エイワススタジオ入社。両角章司氏に師事する。
93年米田フォト入社。

セカンドライフ防災神戸にテレポート

INDEX 前

最新情報・トピックス